司法書士はあなたの権利を守ります。

相続登記・相続放棄

相続されたご自宅等の不動産の名義変更登記(所有権移転登記)手続きを代行致します。

詳しくはこちら

相続登記・相続放棄

相続されたご自宅等の不動産の名義変更登記(所有権移転登記)手続きを代行致します。

詳しくはこちら

抵当権抹消登記

ご完済された住宅ローン・不動産担保ローン等の抵当権・根抵当権等の抹消登記手続きを代行致します。

詳しくはこちら

会社・法人登記

株式会社を設立したい。株式会社の役員の任期がきた。本店を移転したい。など、会社・法人の登記はお任せください。

詳しくはこちら

その他取扱業務

相続関係

遺言

死後に自分の意思を反映させる手段となる
「遺言」についてご紹介いたします。

詳しくはこちら

相続放棄

相続しない場合の相続放棄手続きをお手伝い致します。

詳しくはこちら

後見関係

成年後見

判断能力が不十分な方を保護し、支援する成年後見制度についてご説明いたします。

詳しくはこちら

債権回収

滞納家賃の回収

トラブルとなりうる滞納家賃の回収について説明いたします。

詳しくはこちら

建物明渡し請求

賃借者が立ち退きしないケースを解決する場合など、明渡しについて説明いたします。

詳しくはこちら

マンション管理費等の滞納金回収

マンションの管理費の回収方法から回収の流れ・必要書類まで説明いたします。

詳しくはこちら

債務整理

自己破産

借金を整理し裁判所への申立など自己破産についてのお手伝いします。

詳しくはこちら

個人再生

自宅を所持しながら、返済を進める自己破産を回避する方法をお手伝いします。

詳しくはこちら

自己破産

任意整理を行うことで、月々の返済金額を少なくし完済を手助けします。

詳しくはこちら

個人再生

返済し過ぎたお金(過払い金)を取り戻すお手伝いをしています。

詳しくはこちら

そとやま司法書士・行政書士事務所方針 そとやま司法書士・行政書士事務所からのお知らせ
 他の相続人の連絡先がわからない場合

「相続人の一人と疎遠になっており、連絡先が全くわからない」という場合があります。
そのような場合はまずは戸籍をたどることで、住民票上の住所までは判明します。
そこで手紙などを送付又は直接訪問して連絡を取ってみます。
判明した住民票上の住所に居住しておらず、他の親族も誰も居場所を知らないといった場合には、家庭裁判所に不在者の財産管理人の申立てや失踪宣告の申立てをすることを検討します。
相続問題で困ったとときはお気軽にご相談ください。

相続に関することは、大阪のそとやま司法書士・行政書士事務所にお任せください。

 未登記の建物を相続した

相続登記をしようとしたら建物が未登記だったというケースを時々見かけます。
その中でも、「まったく未登記」「表題登記のみしている」「増築部分だけ未登記」などいくつかのケースがあります。
ケースにより必要な登記の手続きが異なりますので、まずは専門家にご相談ください。

相続に関する登記のことは、大阪のそとやま司法書士事務所にお任せください。

 相続の名義変更をずっとしていない・・・

不動産を相続しても、その名義変更をせずにそのまま放置しているという方が時々おられます。
中には「兄弟で話し合いはして長男が相続することで合意している」とおっしゃられるケースもあります。
ただし、その場合は遺産分割協議書の作成と全員から遺産分割協議書に実印で押印し印鑑証明書を取得しておいていただく必要があります。
話し合いをしただけで書面を残さず、相続人の一人がさらに亡くなってしまった場合は、その亡くなられた相続人の相続人とも遺産分割協議をやり直す必要が出てきてしまいます。
相続された場合はできるだけ早く名義変更手続きを済ませてしまいましょう。

相続登記など相続に関することは、大阪のそとやま司法書士・行政書士事務所にお任せください。

 相続した不動産が空き家に・・・

遠方の実家の土地や建物を相続されることがよくあります。
しかし、その建物に居住する人がいなくなったときは問題が発生する場合があります。
急いで売却する必要もない場合は、相続登記もせずにそのままになっていることもよくあります。
しかし、長期間放置してしまうと2次相続が発生してしまい押印をもらわなければいけない相続人が増えてしまったり、建物が近隣に損害を与えるようになってしまったりすることもあります。
そうなってしまわないように、相続した不動産は早めにどのように対処するか決めてしまいましょう。

相続に関することは、大阪のそとやま司法書士・行政書士事務所にお任せください。

 不動産を相続したら

不動産(土地や建物)を相続したらなるべく早く名義変更登記をしましょう。
相続による名義変更を先延ばしにしてしまうと、本来必要でなかった親族の押印が必要になることがあります。
そのようなケースでの親族は会ったこともないような遠い親戚であることはよくあります。
押印が必要ということは、相続する権利があるという事ですので、場合によっては金銭で解決する必要も出てきます。
面倒なことになってしまう前に、不動産の相続登記は早めに済ませてしまいましょう。

相続に関する各種手続きは、大阪のそとやま司法書士・行政書士事務所にお任せください。

   
ページトップへ
Copyright (C) そとやま司法書士・行政書士事務所 All Rights Reserved.