過払い請求手続き 過払い請求手続きとは

金業者(クレジットカード会社、消費者金融)との間で利息制限法を超える金利での取引をしていた場合、貸金業者に対してお金を返済し過ぎている場合があります。
この返済し過ぎたお金(過払い金)を貸金業者から取り戻す手続きが過払い金返還請求です。

そして、消費者金融だけでなく、クレジットカードのキャッシングでも同様に過払い金が発生しているケースは多数あります。
また、現在の金利は下がっているとしても、以前に利息制限法以上の金利で支払いをされていた場合には過払い金が発生しますので返還請求が可能です。

現在資料が手元に残っていなくても、当事務所で過払い金の調査が可能です。まずはお問い合わせください。

過払い請求手続きとは
過払い請求手続きの流れ
ご依頼・ご相談

ご相談の際に、過去に取引をされておられた業者名や取引内容等をお聞きします。
資料等がなくても、取引当時の住所等がわかれば、業者へ取引履歴を請求することはほとんどのケースで可能です。

取引履歴の開示請求をします。

当事務所より完済業者へ対し取引履歴を請求します。取引履歴は、業者にもよりますが、概ね1ヶ月程度で開示されます。(信販系の業者は2ヶ月かかる場合もあります。)

取引履歴の開示及び利息制限法に基づく再計算を行い過払金を算出します。

当事務所にて、開示された取引履歴を利息制限法に基づき再計算します。

業者へ過払金を請求し和解交渉を行います。

利息制限法に基づき算出された過払金を業者へ対し請求します。 請求後、業者と和解に関する交渉等を行います。業者より和解を提示されましたら、当事務所より依頼主様へご報告し、その後の対応を検討させていただきます。

債務名義の取得(判決等)

随時内容をご報告の上、和解を進めます。

過払金の返還を確認し、返金いたします。

随時内容をご報告の上、和解を進めます。

債務名義の取得(判決等)

訴訟手続の内容や訴訟手続を進める上での注意点等をご説明させて頂きます。

訴訟手続へ・・・
ページトップへ
Copyright (C) そとやま司法書士・行政書士事務所 All Rights Reserved.