司法書士はあなたの権利を守ります。

相続登記・相続放棄

相続されたご自宅等の不動産の名義変更登記(所有権移転登記)手続きを代行致します。

詳しくはこちら

相続登記・相続放棄

相続されたご自宅等の不動産の名義変更登記(所有権移転登記)手続きを代行致します。

詳しくはこちら

抵当権抹消登記

ご完済された住宅ローン・不動産担保ローン等の抵当権・根抵当権等の抹消登記手続きを代行致します。

詳しくはこちら

会社・法人登記

株式会社を設立したい。株式会社の役員の任期がきた。本店を移転したい。など、会社・法人の登記はお任せください。

詳しくはこちら

その他取扱業務

相続関係

遺言

死後に自分の意思を反映させる手段となる
「遺言」についてご紹介いたします。

詳しくはこちら

相続放棄

相続しない場合の相続放棄手続きをお手伝い致します。

詳しくはこちら

後見関係

成年後見

判断能力が不十分な方を保護し、支援する成年後見制度についてご説明いたします。

詳しくはこちら

債権回収

滞納家賃の回収

トラブルとなりうる滞納家賃の回収について説明いたします。

詳しくはこちら

建物明渡し請求

賃借者が立ち退きしないケースを解決する場合など、明渡しについて説明いたします。

詳しくはこちら

マンション管理費等の滞納金回収

マンションの管理費の回収方法から回収の流れ・必要書類まで説明いたします。

詳しくはこちら

債務整理

自己破産

借金を整理し裁判所への申立など自己破産についてのお手伝いします。

詳しくはこちら

個人再生

自宅を所持しながら、返済を進める自己破産を回避する方法をお手伝いします。

詳しくはこちら

自己破産

任意整理を行うことで、月々の返済金額を少なくし完済を手助けします。

詳しくはこちら

個人再生

返済し過ぎたお金(過払い金)を取り戻すお手伝いをしています。

詳しくはこちら

そとやま司法書士・行政書士事務所方針 そとやま司法書士・行政書士事務所からのお知らせ
 成年後見等のご相談

近年、成年後見の申立てが増加しています。
役所やデイサービス等の介護事業所などから勧められたり、老人ホームに入所するために必要だったりそれぞれ事情は様々です。
成年後見といっても、後見・保佐・補助と本人の能力に応じて3種類あり、親族の方が家庭裁判所に後見等の申立てをするのは面倒なことだと思います。
当事務所では、成年後見等の申立て手続き等をサポートさせていただきます。
まずはお気軽にご相談ください。

成年後見のことは、大阪のそとやま司法書士・行政書士事務所にお任せください。

 遺言を書いた方がよい場合

遺言を書くということ自体に抵抗があるという方は少なくないと思います。
しかし、遺言を書いておいた方がよいケースは沢山あります。
代表的なものとしては、
1、子供がいない場合(例:兄弟姉妹のうち特定の人に譲りたい)
2、相続人がいない場合(例:国に行くなら寄付したい)
3、相続関係が複雑な場合(例:再婚してそれぞれに子供がいる)
4、財産が分けにくい場合(例:財産のほとんどが不動産)
などがあります。
当方にご相談いただければ、ご希望に沿った遺言が作成できるようサポートさせていただきます。

遺言書の作成など相続に関することは、大阪のそとやま司法書士・行政書士事務所にご相談ください。

 借金を相続してしまったら・・・

親族が亡くなった後に、借金があることが判明したということがあります。
そのような場合は、家庭裁判所で相続放棄の申述の手続きを行えば、借金は返済しなくてもよくなります。
ただし、注意事項がいくつかあります。
1つ目は、借金以外の預貯金等のプラスの財産も含めて一切を放棄しなければならないということ。
2つ目は、次の順位の相続人も相続放棄をする必要があること。
代表的なこととしましては、上記の点に留意する必要があります。
相続放棄を検討されている方は、お気軽にご相談ください。

相続放棄、相続に関する各種名義変更など相続に関することは、大阪のそとやま司法書士・行政書士事務所にお任せください。

 抵当権抹消登記はお早めに。

住宅ローンを抹消すると、お借入れ時に設定した抵当権の抹消登記をする必要があります。
登記をすぐにせずに長期間放置しておくと余分な費用がかかってしまう可能性があります。
住宅ローンを完済されたらすぐに抵当権の抹消登記は済ませてしまいましょう。
なお、当司法書士事務所の抵当権抹消登記の費用は金融機関で紹介される費用よりも低額かと思います。
ぜひ一度ご検討ください。

抵当権抹消登記など不動産に関する登記のことは、大阪のそとやま司法書士・行政書士事務所にお任せください。

 不動産を相続したけど空き家に・・・

不動産を相続したけど、実家と自宅は別だったので空き家になって数年経過しているといった方が最近増えてきております。
特に、遠方の不動産ですと管理がなかなかできていない状況が長年続いてしまっている方もおられます。
そうなってしまうと、家屋や植木などが倒壊し近隣の方へ被害を及ぼしてしまうという事が起こりかねません。
亡くなられた方の名義の場合は、まず相続人に相続による名義変更の登記が必要です。
まずはお気軽にご相談ください。

相続登記・遺言等の相続に関する相談は、大阪のそとやま司法書士・行政書士事務所にお任せください。

   
ページトップへ
Copyright (C) そとやま司法書士・行政書士事務所 All Rights Reserved.