司法書士はあなたの権利を守ります。

相続登記・相続放棄

相続されたご自宅等の不動産の名義変更登記(所有権移転登記)手続きを代行致します。

詳しくはこちら

抵当権抹消登記

ご完済された住宅ローン・不動産担保ローン等の抵当権・根抵当権等の抹消登記手続きを代行致します。

詳しくはこちら

会社・法人登記

株式会社を設立したい。株式会社の役員の任期がきた。本店を移転したい。など、会社・法人の登記はお任せください。

詳しくはこちら

その他取扱業務

相続関係

遺言

死後に自分の意思を反映させる手段となる
「遺言」についてご紹介いたします。

詳しくはこちら

相続放棄

相続しない場合の相続放棄手続きをお手伝い致します。

詳しくはこちら

後見関係

成年後見

判断能力が不十分な方を保護し、支援する成年後見制度についてご説明いたします。

詳しくはこちら

債権回収

滞納家賃の回収

トラブルとなりうる滞納家賃の回収について説明いたします。

詳しくはこちら

建物明渡し請求

賃借者が立ち退きしないケースを解決する場合など、明渡しについて説明いたします。

詳しくはこちら

マンション管理費等の滞納金回収

マンションの管理費の回収方法から回収の流れ・必要書類まで説明いたします。

詳しくはこちら

債務整理

自己破産

借金を整理し裁判所への申立など自己破産についてのお手伝いします。

詳しくはこちら

個人再生

自宅を所持しながら、返済を進める自己破産を回避する方法をお手伝いします。

詳しくはこちら

自己破産

任意整理を行うことで、月々の返済金額を少なくし完済を手助けします。

詳しくはこちら

個人再生

返済し過ぎたお金(過払い金)を取り戻すお手伝いをしています。

詳しくはこちら

そとやま司法書士・行政書士事務所方針 そとやま司法書士・行政書士事務所からのお知らせ      
2016.11.21 成年後見人に就任すると

成年後見人は、必ずしも弁護士や司法書士といった法律の専門家が就任するとは限りません。
成年後見人の申立てをするときに候補者をあらかじめ家庭裁判所に申出ることができます。
家庭裁判所はその申出に拘束されることはありませんが、そのまま親族の方が成年後見人に就任するケースもあります。
なお、成年後見人に就任した後は最低年に1回は裁判所に状況の報告をする必要があります。
当方ではその報告書・報酬付与申立書の作成の代行も行っております。お気軽にご相談ください。

成年後見に関することは大阪のそとやま司法書士・行政書士事務所にお任せください。

2016.11.09 成年後見の手続き

さまざまな理由から成年後見制度を利用しなければならない場面に遭遇することがあります。
1、遠方に住む親が認知症になってしまい、預貯金等の財産管理や老人ホームの入所で続きをする必要がある。
2、認知症の親が老人ホームに入所することになったので、自宅を売却したい。
3、家族が亡くなり相続手続きをしたいが、相続人に判断能力が不十分な人がいる。
認知症など精神上の障がいにより判断能力が不十分な人は、自分で契約などをすることはできません。
成年後見人等は家庭裁判所で選任されますが、その選任の申立てを司法書士がサポートいたします。

成年後見に関することは大阪のそとやま司法書士・行政書士事務所にお任せください。

2016.10.25 遺言のすすめ。

日本では欧米と比較して格段に遺言を書く人が少ないですが、遺言を書いた方がいい人はたくさんいます。
特に子供がおられないご夫婦の場合は、法律上の相続人は夫または妻とその兄弟姉妹です。
兄弟姉妹には遺留分がありませんので、遺言を書いておけば夫婦の一方が遺産を相続できます。
しかし、遺言を書いておかないと夫または妻の兄弟姉妹と遺産分割協議をする必要があります。
遺産の大半が自宅の場合などは、遺産分割協議がまとまらなければ自宅を売却して金銭で分けるしか方法がなくなってしまうことになりかねません。
遺言を書いた方がいいかなと思われる方はまず専門家に相談だけでもする方がいいと思います。

相続や遺言に関することは大阪のそとやま司法書士・行政書士事務所にお任せください。

2016.09.14 相続人に未成年者がいる場合

若くしてなくなられてしまい相続が発生した場合、相続人に未成年者がいる場合があります。
そして、遺産分割協議をする時に、親権者である親も相続人の一人であれば未成年の子に代わって遺産分割協議に参加することはできません。
この場合は、親と子で利益相反すると考えられていますので、家庭裁判所に子のために特別代理人を選任(親族を候補者にすることも可能です)してもらう必要があります。
手続きは当司法書士事務所でも代行いたします。
相続人間に遺産分割協議が揉めていない場合は、手続きが複雑でも司法書士で処理できる場合が多いです。

相続に関することは、大阪のそとやま司法書士・行政書士事務所にご相談ください。

2016.08.04 夏期休暇のお知らせ

8月11日〜8月16日の間、夏期休暇のため業務をお休みさせて頂きます。

相続や遺言に関することは大阪のそとやま司法書士・行政書士事務所にお任せください。

ページトップへ
Copyright (C) そとやま司法書士・行政書士事務所 All Rights Reserved.