遺産分割協議が必要な相続人の範囲について

遺産分割協議をしなければならない相続人の範囲が思っていたよりも広い場合があります。
親子間のみの相続の場合はそこまで広がるケースはよほど相続の名義変更登記を放置していない限りはありませんが、法定相続人が多くなってしまいがちなのは子供のいない方で兄弟姉妹が相続人になるケースです。
亡くなられる時点で高齢なので、兄弟姉妹も高齢なことが多いのですがその内亡くなっている兄弟姉妹がいる場合は代襲相続の問題が発生します。つまり、おい・めいも相続人となります。
また、戦争をはさんでいる世代が多いので親の片方が異なる兄弟姉妹がいるケースなども多いです。
そのような場合が想定される方は、遺言を作成をぜひご検討ください。兄弟姉妹には遺留分がありませんのでその後のトラブルも大幅に減ります。
相続問題でお悩みの方は専門家の司法書士にぜひご相談ください。

相続の名義変更、遺言書の作成など相続に関することは、大阪のそとやま司法書士・行政書士事務所にお任せください。

ページトップへ
Copyright (C) そとやま司法書士・行政書士事務所 All Rights Reserved.